自作運動で続く健康!

運動と言う言葉を聞くと、「めんどくさい」や、「やったところで変わらない」とつい思ってしまったりして、なかなかやり始めることができなかったり、初めても三日坊主やちょっとしたらすぐにやめてしまったりと、続かないことが多かったりしませんか??

今日は、私がいつも自宅でやっている手軽な運動について今日はお話ししたいと思います。

通勤時間を有意義に

普段の通勤通学は歩きだったり、車や自転車だったりしますよね?
職場まで電車通勤の私は、歩ける距離は歩こうと言う気持ちでエスカレーターではなく階段を使ったり、少し位の距離ならばタクシーではなく歩いて向かうようにしています。
一歩歩くたびにお米ひとつぶ分のカロリーを消費すると勝手に思い込んで、自分流思い込みトレーニングをするようになりました。

例えば、この階段を上りきったら0.3キロ痩せてると思い込み階段を元気よくダッシュで登ります。
効果が出ているか分かりませんが、行動にうつせない方は私のように思い込んで行動に移すやり方がお勧めです。

他には歩くときに腕を大きく前後に振るようにして歩いています。
カバン等が邪魔な時は肩にかけたり片方の腕だけ振ったりと、自分なりにアレンジしてみるのも良いと思います。

食生活は特にあまり変えていませんがその結果以前よりもマイナス2キロ台をキープできています。
これには私自身も驚いていて、「思い込みダイエット」もなかなかバカに出来ないです笑。
なので、自分のできる時間、できる範囲で、無理をせずに行動に移し続けてみるのが良いと思います。

呼吸法でお腹が割れる?「腹筋呼吸法」

皆さんは普段どのように呼吸をしていますか?
もちろん普通に鼻から吸って鼻から入って何も考えず呼吸をするのが当たり前だと思います。

これは私が昔から続けている呼吸法なのですが、まず、お腹の力を最大限に緩めて息を全部吐きます。
もちろん、どんな形でも力を抜いているとお腹が出るかと思います。
その出たお腹を引っ込めて、引っ込めたまま軽く力を入れてそのままキープしてみましょう。
目安としては、自分のあばらから骨盤のLINEからお腹が出ない位のところで力を入れてキープしましょう。
そしてそのまま私生活を過ごします。
ご飯を食べる時も、歩いている時も、仕事中ももちろんです。
ただ、無理に力を入れて疲れですぐやめてしまうのではなく、自分にできる力と時間でキープして続けてみましょう。
あ、忘れていたと思った時にもすかさず軽く力を入れます。
私はこれを小学校の時から続けています(笑)
おかげで今でも多少お肉がつきましたが、お腹の中を触ると腹筋が割れているのがちゃんとわかります。
やはり、日々の積み重ねこそ素晴らしいことを思い知らされます。
おかげさまで、なかなか食べてもお腹が出ないのと、お腹に力を入れることにより背筋が伸びるので猫背になったりせず、姿勢がいいと褒められることが多々あります。
お腹に筋肉をつけたい方や、お腹の張りなどが気になる方はぜひ試してみてください。

まとめ

いかがでしたか??

自分で考えて思いついた方法は案外続くものです。

あまり考え込まずに、パッとひらめいたらやってみる。

こんな感じで続けていくと無理なく楽しく続けられるのではないでしょうか??

それではまたお会いしましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする