お酒の飲み過ぎには注意!

女性は一般男性に比べアルコールの分解能力が低いため気つけなければならないことも多いそうです。

女性の肝臓の重さは大人で約1200グラムなのに対して、男性は1400グラムほどです。女性の肝臓は男性よりもひとまわり小さいぶん、アルコール分解の能力は低くなるのです。さらに更年期よりも後は女性ホルモンの分泌がかなり低下するため要注意だそうです。

とはいっても肝臓は他より強い臓器で再生の能力も高いです。少し飲みすぎたぐらいではあまりダメージは受けていません。では何がいけないのでしょうか??

適量を超えたり、ストレス発散でたくさん飲んだり、食べないで飲むのがよくないのです!

まず適量について、酒に強いか弱いかを決めるのはその人の持っているアルコール分解酵素の能力そのものです。

生まれ持ったなものと、飲み続けることで獲るものがあります。

我々日本人の場合は酒に強いタイプ、あまり強くないタイプ、まったく飲めないタイプがいますよね。

酒に強い方は1日にワイン2本などのアルコールを飲めますよね。一方でまったく飲めない方はアルコールを口にする機会がほとんどなく、いずれのどちらのタイプもアルコール性の肝障害は起こりにくいそうです。

大変なのはあまり強くないタイプです。

まあまあ飲めてしまい飲み続けると次第にお酒も強くなっていくのでつい飲みすぎてしまうのです。

次にストレスですが、ストレスを感じると活性酵素というものが発生して肝臓を攻撃してしまいます。

やけ酒はどうしても飲酒量が増えてしまうのでなるべく避けましょう。

自身の適量を知っておき仲間と楽しくほどほどにお酒を飲む。おつまみには、タンパク質が多く入っている料理を選ぶと効果的ですね。

あとは健康診断で自分の肝臓の状況も知っておくのも大事です。

肝臓の健康を守りながらお酒を楽しく飲みましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする