我が子の身長を伸ばすために

こんにちは!

先日のラグビーワールドカップはとても白熱して手に汗握る戦いに感動しました。

私自身は、得意なスポーツは特になく応援する側オンリーですが、我が子にはスポーツを楽しんでほしいと思っています。

スポーツによって身長が高い方が強かったりという場合が多々ありますよね?

前に受けたスポーツ・栄養の講習会で、

「身長を伸ばすにはどうすればよいか?」

という質問が出てました。

やはり少しでも我が子の身長をできるだけ伸ばしてあげたいと思うのが親心だと思います。

講師の方の答えは、

「その子の持って生まれた体質(遺伝)の範囲内で最大限に伸ばせるかもしれないが、やはり体質が基本」

とのことでした。。

遺伝となると、両親が身長が低いと限界が見えてしまいますよね。

ですが、遺伝は影響しますが実は遺伝だけではありません。

最大限に伸ばせれば自分の両親よりも身長が高くできることが可能なのです。

一般平均として男子はだいたい17歳頃、女子は15歳頃に身長の伸びは止まってしまうと言われています。

では、どのようにして最大限身長を伸ばせばいいのでしょうか。

身長を伸ばすため、実は骨の成長が不可欠なのをご存知ですか?

そのためには栄養・睡眠・運動の3つをバランスよくそろえていくことが肝心です。

骨というと、カルシウムが1番と思う方が多いかもしれませんが、カルシウムは骨を「丈夫」にする栄養素なので、まずは骨の材料となるたんぱく質を摂ることが必要不可欠なのです。

そしてつぎの睡眠。とても重要になります。

なぜなら、夜中寝ている間に成長ホルモンは多く分泌されるのです。

最近の子どもはゲームやテレビを見て寝る時間が少ないのでそういう子は将来の身長はあまり期待できないかと思います。

ゲームやテレビを取り上げてでも、時間になったら寝かしつけるのが親の役目と思っています。

そして運動です。

体を動かすことにより骨を強くして、疲れたら深い眠りにつくことができます。

また、お腹が減り食欲が湧くので、栄養をしっかり摂ることもできていいことづくしですね。

運動といっても、無理なトレーニングなどは避け、外に出て体を動かしたり鬼ごっこやボール遊びなどをして、体を動かして遊ぶ程度で大丈夫です。それでも不安という方のためにはこちらのオヤツ感覚で成長を助けてくれるグミサプリ、【セノッピー】も口コミで広がっているので是非試してみてはいかがでしょうか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする