二日酔い迷信の真偽は?

こんにちは!

年末も近づき忘年会など飲み会が多くなってきますね。これから新年にかけては、お酒を飲む場面がどうしても増えてしまうものですよね。飲む前よく食べておく、熱いお風呂に入れば大丈夫など、みなさんもさまざまな二日酔いの対策を実践しているかと思いますが、本当は何が正解で何が不正解なのでしょうか?

飲む前の牛乳は効果なし?

よく、お酒を飲む前に牛乳を飲むと酔いにくい・二日酔いにならないという話を聞いたことはないでしょうか? これは牛乳を飲むことによって胃に膜が張るためアルコールの吸収を抑えてくれるという理由でよく語られる話なのですが、実はこの理由は間違いなのだと言います。

そもそもアルコールの分子というものは小さく、たとえ牛乳で胃の中に膜ができたとしても吸収されてしまうのです。

とはいえ、牛乳には肝機能を向上させてくれる機能があり、アルコール代謝を早めてくれるため、酔いが覚めやすいという研究結果もあるのだそうです。ですが飲む前に牛乳を飲んで安心している方は、少し考えを改めた方が良さそうです。。

二日酔いに効く商品の違い

よくコンビニや薬局などには色々な二日酔いへの対策の商品が並んでいますが、その違いをよく理解しておきたいところです。

たとえばウコンエキスを配合している健康

飲料やサプリ、ウコンの色素成分クルクミンが肝機能の働きを助けてくれることから、摂取しておくと酔いにくいといわれています。

肝臓水解物、ウルソデオキシコール酸などを含んでいる物、ドリンクや錠剤タイプなどはさまざまですが、主成分が肝臓の代謝を助けてくれたり、アルコールを処理していく過程で生まれる有害物質などを分解する効果があり、二日酔いに効果があるのは確かです。

実はやってはいけないこと

よく聞く「二日酔いには熱いお風呂に入る」は、間違いで実は熱いお風呂に入ると血行が良くなり、吐き気やめまいなどが起こってしまうのです。また、発汗することで脱水状態につながることもあるのでとても危険です。もしお風呂に入る時には、入浴前にしっかりと水分を補給し、できればぬるめのお湯につかるようにしましょう。

そして、「激しい運動で汗を流す」も間違いで、激しい運動をし汗をかくと、お酒が抜けるような錯覚がおきますが、これも脱水症状の原因になってしまいます。体を動かしたいのであれば、こまめに水分をよく摂りながら、軽い散歩くらいにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これから益々飲み会の席は多くなりますが無理せず、お酒は楽しく程々にしておきましょう。

どうしても加齢とともに肝機能は低下していきお酒に対しても弱くなっていってしまいます。

「最近お酒ちょっとキツイな」と思い始めたらこちらの「しじみん 」を試してみてください!!

国内十三湖で獲れたしじみを使用した、なんとも肝臓に良さそうなキャッチフレーズですね^ ^

定期便では初回1000円と始めやすいのでご覧になってみてはいかがでしょうか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする